アトピーの原因・症状・治療方法などを中心に、体にいいことをまとめた備忘録

カラダMEMO

アトピーの症状

【ご報告】ひざ裏のアトピーの湿疹が治りました

更新日:

アトピーっ子(男子・女子)の皆さん、お肌の調子はいかがですか?

ご報告ってアレですね、なんか結婚報告みたいですね。(違う)

スポンサーリンク


ひざ裏の痒いアトピーも、食事の改善で治るよ!

そんなわけで、下の娘のひざの裏の写真をまだ載せてなかったな~と気付いたので、こちらに載せておきます。
(ちなみに、腕の写真は、「噴き出しが起きても慌てない! 少食と運動量を増やすことで乗り越えよう」に載せてあります~。)

まずは8月末に撮った写真から。腕が少しずつよくなってきたな~と思ったら、今度はひざの裏が悪化し始めてですね。これは噴き出しだぞ、と思っておりました。この頃は、寝てる時にしょっちゅうひざの裏をかいていました。

ボリボリボリボリ音が聞こえる……。

朝起きると、シーツに血がついていたり、ポロポロとした皮が落ちていたり。うん、アトピーっ子だわ!
IMG_1293

で、ですね。コチラが今日撮ったばかりのホヤホヤの写真。どうですか? 結構よくなってますよね!
IMG_1356

今では、ひざの裏をかくことがほとんどなくなってきました。やったー。もちろん皮膚科には行かず、ステロイドも使わず、保湿剤すら塗っていません。肉と乳製品を食べないようにして、タンパク質(魚・大豆製品・卵)の摂り過ぎに気をつけただけですよー。

8月末から3週間弱ですが、アトピーって体にたまったものが抜けてくると、ぐんぐん良くなってきます!

そこまでが……そこまでが辛いんだよーーーーー!!!!

なので、アトピーを治したいと思ったら、まずは「食べ過ぎが原因なんだから、食生活を見直したら治るんだ」と信じること。それから、自分の体にたまっているものが抜けていくのを、ひたすら「待つ」こと。

食事改善の初日は手作りにんじん・りんごジュースだけとか、市販の青汁だけとか超少食に。

一週間くらいは「飛んで行け!おじや」中心に食べて、ウォーキングをしたり、階段を使ったりして運動量を増やします。(特に肉と乳製品を食べまくっていてステロイドで抑えていた人は、毎日ウォーキングしてもいいくらいですよ!)

肉と乳製品はできるだけ食べないように。そして野菜をたっぷり! ビタミン重要! にんじんおすすめです。(肉と乳製品に関しては本当は完全に食べないようにしたほうが治りが早いけれど、あまりやりすぎると反動でドカ食いしちゃうので(^-^; 食べてもOKなおやつは必ず用意しておいたほうがいいと思います!)

関連記事:お菓子を食べるとアトピーが悪化する? 上手な間食のとり方

しばらくして良くなってきたかな~と思うと、また悪化(噴き出し)するので、そこをひたすら耐える! これは噴き出しだから、また少したったら落ち着くんだと自分に言い聞かせる!(あと、今まで出ていなかったところにも、症状が出てきたリしますので、慌てない。まだまだ溜まってるんだな~とのんびり気構えるのも大事。)

やっぱり食べ物じゃないかも……と弱気にならず、噴き出しが出た分、体に溜まったものが減ってるんだ!と思うようにします。掻いちゃっても、自分を責めない。(だって、溜まってるものが残ってるうちは痒いんだよ!)

自然に痒くなくなるので、そこまで気長に待つことが大切。私は、娘の腕や脚の写真を撮って、「最初の頃と比べて、こんなによくなってる~!」とか「噴き出しすごいね~!」とか娘と話したりしました。

ステロイドで長期間症状を抑えていた人は、かなり時間がかかると思いますが……。今から始めれば、1年後には今よりずっと良くなっていると思います。

この間、仕事で動脈硬化について調べていたんですが、血液も食べ物の影響をすっごく受けるんですよね。芸能人がテレビで血液検査をして、その結果を血液画像で見せてくれるじゃないですか。

あれって毛細血管の流れを観察したものらしいんですけど、肉とか甘いものとか食べ過ぎるとやっぱり流れが悪くなるらしくて、ああ、アトピーの原因と一緒なんだなぁと。

人間の体は、食べたものでできているんですよね。私は甘いものを少し減らそうと思いました。とりあえず、干しいもと甘栗で乗り切るよ!

そういえば、次女は今、給食の肉のおかずを全てやめて、代替食を持っていってるんですが、やっぱりちょっと恥ずかしいらしいんですよね……。で、残してきちゃったりしていて、うーむ。。という感じです。

月に1回くらいは給食を好きに食べられる日を作ろうと思ってます。あとは、症状を見ながら次女と相談して……。毎日給食を食べると、またきっと症状が出てきてしまうと思うので。

ああ、悩ましいですね。一回キレイになっても、食べ過ぎれば元通り。体質は変わらないので、ずっと気をつける必要があるんですよね。体が大きくなれば、もう少しエネルギー消費量も大きくなるので、そこまで肌に出ないかなぁとも思うんですが。

というわけで、今回はこのへんで。また次回お会いしましょう!

今日チョコとか肉とか食べちゃったよ、って人も、明日からまた食生活の改善がんばっていきましょうね♪

わからないことがあったり、悩んだりしたら、
『アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル』を読んでみてくださいね~。

-アトピーの症状

Copyright© カラダMEMO , 2017 AllRights Reserved.